2019年11月24日(日)菊間緑の広場公園体育館(愛媛県)

にて四国フットサルリーグ第11節が行われました!

※更新が遅くなり大変申し訳ございません

【寸評】

第1試合

FC miracle smile 3(2-2)2 東温K-Luz

タイトル獲得の為には1戦も落とせないFC miracle smileは、同県のライバル東温K-Luzを相手に開始19秒、No.99多田羅の落としからキャプテンが塩崎がシュート、No.32石川がコースを変え先制点を挙げる。

その後、東温K-LuzはNo.5西村がキックインからオウンゴールで同点に追いつき、18分には再び西村が第2PKを決め逆転に成功。しかし、後半終了間際にFC miracle smileNo.88塩崎がFKからの落としを冷静に決め同点。

後半は一進一退だったが、キックインからFC miracle smileNo.14加藤が流し込み勝ち越したFC miracle smileが勝利。

第2試合

placer 5(3-0)0 ハイスタFC

こちらも優勝するためには落とせないplacer。昇格から苦しい試合は続くも現在残留圏内のハイスタFC。

開始10分、palcerNo.8鳴瀬がお手本通りのファー詰めから先制。その4分後もNo.14梶原がゴール前での相手のミスからのボールを冷静に決め追加点。

後半もNo.9呉竹、No.10芝原と決めるべき選手が得点を重ねて終わってみれば5-0と完勝。初優勝に向け視界は良好だ。

ハイスタFCは2試合連続無得点なのが不安材料として次節からの下位直接対決に臨む

第3試合

EL BLANCO 5(1-1)3 カレビッチ愛媛

EL BLANCOは今季大活躍のNo.4西岡を欠いて臨んだ試合だが、そんな心配をよそに今季も安定の活躍するNo.5川村が13分にミドルシュートで先制。その後カレビッチ愛媛No.20上甲が同点弾を叩き込み前半を終える。

後半に入りキックインからセグンドで待ち構えたEL BLANCONo.10竹内が冷静に得点。その後もNo.15高橋が追加点を挙げるも、カレビッチ愛媛No.23厩橋が2得点を挙げ追い上げるも、37分、再びEL BLANCONo.5川村がダメ押しの追加点を挙げ試合終了。カレビッチ愛媛はいくつかあった好機を生かせなかったのが痛かった

第4試合

Lucha Brillo 3(2-1)2 FC STORY

FC STORYはこの試合も交代が2名と少なく、No.3福井がゴレイロに入るという苦しい状態。

そんな中、Lucha Brillo No.70 廣瀬、No.25佐々木が得点。試合を優位に進めるかと思ったが、FC STORYNo.7元木がカットインから1点を返す。

後半もお互いチャンスは作るが、なかなかゴールまで行けない状態が続いていたが35分にLucha Brillo No.23吉田が冷静にループシュートを決めて追加点を決め追加点。その後FC STORY も1点を返すが反撃はここまで。

4試合終えて上位が下位に対してきっちり勝ち点を積み重ねる形になりました。

次節はすぐ次週にあります。いよいよ上位、下位対決になり、順位が大きく変動する可能性もあります。

また、ここからは個人タイトル争いも熾烈になります。

EL BLANCONo.10竹内は、前期は差を空けられていたLucha Brillo No.70廣瀬との得点争いに肩を並べるまで追い上げてきた。3位のEL BLANCONo.5川村、plcer No.10 芝原

も含めチームの優勝争い含めて非常に混戦状態です!

【次節のご案内)

2019年12月01日(日)
@スポッシュTOYOHAMA(香川県)

第1試合 10:00~
カレビッチ愛媛 – Hysta.FC

第2試合 11:40~
ELBLANCO – placer

第3試合 13:20~
LuchaBrillo – FC miracle smile

第4試合 15:00~
FC STORY – 東温K-Luz

引用元:Super Sports XEBIO 四国フットサルリーグ 様 Facebookページ